症状別のお悩み

子宮筋腫

子宮筋腫とは、子宮の筋肉にできる塊で、良性の腫瘍です。 子宮筋腫の発生の原因は明らかになっていませんが、性成熟期(20~50歳代)に大きくなり、閉経後、小さくなる事などから、卵巣からでる女性ホルモンのエストロゲンが筋腫の発育に深く関係しているといわれています。

子宮筋腫は、婦人科の腫瘍の中で最も頻度の高い病気で、30歳以上の女性の20~30%にあるといわれています。最近、筋腫ができる年齢幅が広くなる傾向にありますが、これは性の成熟による初潮が早まる一方、老化による閉経が遅くなったためです。したがって、かつては30~40歳代といわれた筋腫年齢が20~50歳前半に広がっています。 また、近年、子宮筋腫の患者が増えているともいわれています。患者は日本より欧米に多い事、欧米化したライフスタイルで育った若い世代に増えていることなどから、食事や生活環境に関係があるのではないかといわれています。

筋腫は、悪性の腫瘍ではないので、命の心配はありませんし、他の臓器に転移することも、ほとんどありません。症状による日常生活への支障がなければ必ずしも治療が必要な病気ではありません。 しかし、子宮筋腫にかかる女性は、とても多いことがわかっています。 厚生労働省の調査によれば、40代の女性の4人に1人が子宮筋腫を持っているといわれ、注意が必要です。 良性疾患であるからと、子宮筋腫を軽視するのは危険です。

現代医学では内膜症の多くの治療方法は薬物療法であり、筋腫は薬物療法や手術などの治療法がありますが、必ず薬には副作用が伴うこと、筋腫の摘出手術を行ってもまた筋腫が出来る可能性があるので根治治療(元から治すこと)にならないこと、ドクターの手術の技術レベルにも個人差があることなどを認識したうえで治療を受けなければなりません。ただ、東洋医学、鍼灸なら驚くほど早く副作用を伴わず治療をすることが出来、治療に使うツボも手足(肘から下、膝から下)と背中に少しあるだけなので、婦人科の病院に行って診察を受けることに抵抗感がある人も取り入れていただきやすいと思います。しかもそれは、根治治療に限りなく近いものです。でもなぜ、現代医学でも解明されていないような症例に鍼灸は効果を発揮するのでしょうか。(その理由はこちら)

中医学では、下腹部にできる腫瘍を??(ちょうか)とよび、特に子宮にできる腫塊を石?(せきちょう)ともよび、子宮筋腫に相当します。また、子宮のことを胞宮(ほうきゅう)あるいは胞中ともよびます。

督脈・任脈・衝脈という3つの経脈が胞宮より起こっているので、この3つの経脈にストレスや冷え、体力低下などが直接・間接的に影響して石ちょう(子宮筋腫)を形成していきます。特に、腹の真ん中を通る任脈という経脈の通りが悪くなると、筋腫を形成しやすくなります。

鍼灸の治療は不通や鬱滞した経脈をしっかり特定し治療していきます。  2~3cmの筋腫であれば、超音波で確認できないほど改善されることはかなり高い確率で経験しています。 当院では、10cm以上の子宮筋腫を持つ39歳の女性を2年後の超音波で確認できない程に改善させた症例もあります。 もちろん、個人差はありますが、進行性に腫大していたものが縮小傾向になったり、かなり高い確率で改善に向かった例は多くあります。

患者さんの声

47歳 女性 主訴:肩こり、頭痛、子宮筋腫、高血圧  昔からの高血圧のため、ずっと肩こり、頭痛に悩まされてきました。肩は鉄板が入っているように重く、硬い感じで頭痛もします。ひどい時には動機もありました。 病院で出る薬を服用していました。このままずっと薬を飲んでいくにも不安がありました。子宮筋腫(10センチ大)も患っており筋腫が膀胱を圧迫するため、30分に1回必ずトイレに行かないといけません。 このころからまえだ鍼灸院へ通うようになり肩こり、頭痛、高血圧も徐々によくなってきました。上200代、下110以上あった血圧も、上128下75までになり、薬も減りました。1番驚いているのは10センチ大あった子宮筋腫が1年で半分になり3年で全てなくなりました!!(治療に来るペースは月2回から月3回です)30分しか我慢できなかった尿もすっかり正常になり、生活しやすくなっています。 まえだ鍼灸院に通って12年になります。まえだ鍼灸院のおかげで自分自身の体に自信がもてるようになりました。 今後も良い状態でいられるようにしっかり続けていくつもりでおります。

39歳 女性 主訴:子宮筋腫 重度貧血 強い不安感  7年程前に子宮筋腫が見つかりました。最初はまだ小さかったので経過観察で様子を見ていたのですが、だんだん大きくなり、今では13cm大にまで成長しています。 生理1~2日目はお腹が刺すように痛く、量もとても多いので、生理の日は外出することもできないほどです。生理期間も2週間ほど続くし、生理日以外にも不正出血が多いため、重度の貧血で疲れやすく、病院の先生に外出禁止と言われてしまいました。自分の体だけでも不安なのに、それに加え、大阪には最近引っ越してきたばかりで知らない土地と、知り合いもいない状況にますます不安が大きくなっていました。 インターネットで色々探し、夫とも相談して、まえだ鍼灸院さんに行ってみることにしました。 鍼灸治療が初めての場合、翌日に少し気だるくなることがある。と言われてた通り、翌日に体がだるくなったのですが、その翌日から体が軽く、とても元気になった気がしました。5日に1回のペースで治療を受けたのですが、翌月の生理は痛みが少なく、期間も10日で終わりました。現在治療を初めて約2ヶ月半がたちます。頻繁に見ていた怖い夢も減って、外に出て動こうという気も出てきました。まだ痛みや出血はありますが、最初に比べると程度は軽くなっているし、筋腫も少し小さくなったように思います。自分の体が変化しているのを感じるので、今後が楽しみです。

筋腫や内膜症を患う人は下記のような症状も伴いやすく、生理のたびに辛い思いをしている人が少なくありません。

生理前の身体症状
  • 水分滞留症状(むくみ・体重増加・尿量減少)
  • 胃腸症状(腹部膨満感・便秘・下痢・吐き気・嘔吐・過食・食欲不振)
  • 皮膚症状(じんましん・肌の痒み)
  • 呼吸症状(喘息・アレルギー)
  • 血管運動神経障害症状(頭痛・肩こり・腰痛・関節痛・動悸・ほてり)
生理前の精神症状 不安感・イライラ・うつ状態・無気力・情緒不安定・集中力低下・欲求衝動

軽い症状は誰にでもありますが、日常生活に支障をきたすようなレベルであれば必ず治療が必要であると思われますので、ぜひ鍼灸治療をお試しください。

 

初回キャンペーンすべてのメニューの診療費 2000円 OFF

生理痛 不妊症でお悩みの方まずはお気軽にご来店ください

  • お客様の声
アクセス
大阪市西区新町1-4-12
ホワイトドームプラザ地下 2F
【電話番号】06-6541-2422
【受付時間】11:00~20:00
日曜日10:00~18:00
【休診日】毎週月曜/第2・第4火曜

  • スタッフブログ
  • スタッフ募集
  • 治らないニキビなどありません。
  • まえだ鍼灸院
  • facebook

ページトップへ