症状別のお悩み

更年期障害・若年性更年期障害

更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れが原因の身体的・精神的不調のことです。

思春期の頃の卵巣には数十万個の卵胞があります。
しかし40歳前後を境にその数は急激に減少し、50歳になると数千にまで減少するといわれています。その減少とともに卵巣の機能も衰えていきます。
卵巣の機能が衰えてはじめると、卵巣から分泌されている女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少します。エストロゲンの分泌量が減ると、脳は、盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌し、卵巣からエストロゲンを分泌するように促します。 しかし、更年期を迎えた卵巣は、必要な量のエストロゲンを分泌することが出来ないため、エストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加という「ホルモンバランスの乱れ」が起こります。
このようなホルモンバランスの乱れやエストロゲンの低下などにより、脳内の自律神経中枢の働きが失われ、その結果、のぼせや眩暈(めまい)、情緒不安定、不眠などのさまざまな身体的・精神的な不調・異変が現れはじめます。

これが更年期障害です。

症状は大変個人差があり、体に変調をきたすことなく更年期がほとんど気にならない人もいれば、日常生活を送ることすら困難なレベルの人までいます。

また最近では若年性更年期障害といわれる20代や30代の人たちもホルモンバランスの乱れから、更年期と同じような症状を訴える人も少なくありません。

しくみとしてはいずれの場合も同じですが、通常の更年期の方よりもはるかにストレスが加わって出ている症状であること、体が疲れていること、などにより卵巣の機能が衰えていることが考えられます。閉経を迎える女性の更年期障害は多少、自然なこととも言えますが若年性の場合、かなり体に過度の負担がかかっている状態なので心や体のケアが必要かもしれません。

皆様はこのような症状の場合、多くの人が婦人科系を訪れるべきとお考えでしょう。

確かに婦人科系できちんと検査するのはとても大切です。

ただ、検査していざ治療となると、現代医学では、更年期障害の治療は若年性も含め多くが鎮痛剤や漢方薬の処方など薬物療法になりがちです。薬の服用は必ず何かしらの副作用が伴います。決して万能なやり方ではないのです。そのような方たちにぜひ鍼灸を試してみてほしいのです。更年期障害や若年性更年期障害の治療で使うツボは、手足と(肘から下、膝から下)背中に少しだけなので婦人科系に行って診察を受けることに抵抗感がある人も取り入れていただきやすいと思います。上下セパレートになった検査着もありますので安心です。

患者さんの声

51歳 女性 主訴 ホットフラッシュ  1年前くらいから、突然顔に汗をかいたり、火照ったりするようになりました。 特に、お昼から夕方に起こることがよくあり、仕事で人と会うことが多いので、その時に症状がでたらどうしようという不安もありました。  知人に、鍼灸がよく効くよ。と教えてもらい、職場近くで探し、まえだ鍼灸院に行ってみることにしました。 1回目の治療を受けると、とても体が軽くなりました。いつもなら夜中何度か目が覚めるのですが、その夜は1度も起きることなく、とてもよく眠ることができました。5日おきに4回治療を受けた後、汗の出かたも、火照りもだいぶん軽減していました。  治療を受けだしてから、更年期の症状だけでなく、なんとなくいつも感じていた気だるさもなくなり、夜もよく眠れるので、朝スッキリ目覚めることができるようになりました。

56歳 女性 ホットフラッシュ(更年期障害) 両中指のバネ指   10年程前から、特に夜中、顔がカーッと熱くなったり、突然汗が出る、といったホットフラッシュに悩まされていました。年齢的には少し早いような気はしましたが、更年期の症状だから仕方ないし、そのうち治まるだろうと思って治療は受けずに過ごしていました。 2年半前に、両手の中指がバネ指になってしまい、その為の治療にと知人に勧めてもらったことがきっかけで、まえだ鍼灸院さんで治療を受けることにしました。 バネ指は、1回の治療で驚くほど動かしやすくなりました。 鍼灸治療の効果をとても実感したので、以前から気になっていたホットフラッシュのことも相談してみたところ、更年期障害の治療で来院される患者さんは多いし、鍼灸は婦人科疾患の治療に効果が高いと聞き、バネ指と一緒に治療してもらうことにしました。 私の場合、症状はストレスと大きく関係しているとのことで、実際、母の介護や仕事のことでストレスを感じることは多かったし、そんな時は、症状も頻繁に出ていたと思います。なので、治療を受けてからすぐにスッキリ改善!とはいかなかったのですが、気が付くと、以前よりイライラしなかったり、悩み過ぎなかったりと、何となく気持ちが落ち着くようになっていました。 色々と忙しく、なかなか定期的に通うことができなかったのですが、時間をみて、なるべく月1~2回は治療を受け、半年たったころには、夜中にホットフラッシュが起こることはなくなり、昼間に出ても、以前に比べるとかなり軽くなりました。 今後も治療を続け、心身ともに改善していきたいです。

皆様の中は、鍼灸というと肩こりや腰痛のイメージしかないという方が多いですよね。でも鍼灸の婦人科系疾患の治療実績は大変古く、多くの文献が残されています。なぜ、鍼灸は現代医学でさえ薬の服用程度しか治療法がないのにもかかわらず効果を発揮できるのでしょうか。(その理由はこちら)
鍼灸の効果はゆっくりとしか現れないもの、と思っていらっしゃる方も多いようですが当院にお越しの方は、お客様ご自身が驚かれるほど早く効果が表れた方も数多くいらっしゃいます。試してみる価値は十分にあると思いますので是非一度ご相談ください。

初回キャンペーンすべてのメニューの診療費 2000円 OFF

生理痛 不妊症でお悩みの方まずはお気軽にご来店ください

  • お客様の声
アクセス
大阪市西区新町1-4-12
ホワイトドームプラザ地下 2F
【電話番号】06-6541-2422
【受付時間】11:00~20:00
日曜日10:00~18:00
【休診日】毎週月曜/第2・第4火曜

  • スタッフブログ
  • スタッフ募集
  • 治らないニキビなどありません。
  • まえだ鍼灸院
  • facebook

ページトップへ